外人部屋探し格闘記2

S君に書いて貰ったアパート移転格闘記を和訳し、3回に渡って連載しています。本日は2回目です。

興味のある読者の参考にもともとの英文原稿は和文の下に掲載しております。

東京で外人が部屋を探す大変さ

秋葉原と反対に十条の不動産屋ではとても嫌な思いをしました。私は、日本語を話して不動産屋と交渉するのは私の責任だということは理解していましたし、日本に3年も住んでいますから、このような状況でそれなりに対応するくらいの日本語の能力はあると思います。しかし、この不動産屋の担当者は外国人とやり取りをするのを嫌がっているのではないかとさえ思いました。私は他の不動産屋ではコミュニケーションで問題はありませんでしたが、ここの担当者は私の言っていることがわからないと言い続け、苛立っているようでもありました。外国人とのやり取りで余程嫌な日を送ったのか、あるいは嫌な経験をしたのでしょうか。このような状況では何も出来ません、そこで苦笑いをしながら我慢するだけでした。訪問した不動産屋は五軒で、そのうち悪かったのはこの一軒だけでしたから、つきはそんなに悪くはありません。

このような不動産屋とのアポでは、いくつかの部屋を訪問する機会がありました。担当者が訪問して良いかと家主に電話をする時に必ず彼らが聞いたのは借り手が外国人だということです。面白かったのは彼らのうちの何人かは、「借主さんは外国の方なのですが、顔は日本人の顔をしています」と言うのです。電話でのやり取りを聞いていますと、ほとんどの家主さんは外国人というだけで、即座に断ってきます。これはもしかしたら私が探していた部屋の価格によるもので、もっと高い部屋でしたら、家主さんは外国人に対して歓迎したのかも知れません。

訪問しても良いという部屋で申し込みをしたのは四軒か五軒でした。ただし、その度に結果は同じで、家主さんは外国人だからやはり貸さないということになりました。日本人である私の上司が保証人になってくれましたが、私の生まれた国を理由に断られたのです。

この時点で冬は終りかかり、春が直ぐ傍まで来ていました。私の部屋探しの意欲は段々と弱くなってきました。私は次のように思いました「こんなに難しいのなら、シェアハウスにずっといなければいけないのかなぁ」と。でもどうしても諦めたくはありませんでした。私は幾分か内向的ではありますが、私が何かを決めた時は、それをやり遂げます。このような考え方がそもそも日本に来て生活するというきっかけになっています。

In contrast, I remember visiting an agency in Juujo where I felt quite uncomfortable. I understand that it’s my responsibility to have the Japanese language skill necessary to negotiate with real estate agents, and I think that after living in Japan for three years I have enough ability to work my way through such situations. However, at this particular agency, I just felt like the agent did not want to deal with a foreigner at all. I had no problem with communication at all the other agencies, but when I came to this agency the agent kept saying he didn’t understand me and seemed to be irritated. I just chalked it up to him having a bad day or previous bad experience with foreigners. Nothing I can do in those situations but to just grin and bear it. It was only one out of the five agencies that I visited, so I don’t think the odds are that bad.

During my appointments with these agencies, I had the opportunity to visit some apartments. I remember that whenever an agent would call a landlord to see if it was possible to visit the apartment, they had to specify that I was a foreigner. I thought it was funny that some of them would say “The applicant is a foreigner, but he looks Japanese,” to the landlords of the apartments I was interested in. Over the phone, I was flat out denied for being a foreigner for the majority of the apartments. It might just be due to the price range I was looking for, perhaps if I was interested in more expensive apartments the landlord would be more welcoming towards foreigners.

Out of the few apartments that I was able to visit, there were maybe four or five apartments that I applied for. Each time I applied, the result was again the same: the landlord would not rent the apartment to a foreigner. Even though my boss signed as a guarantor, I was denied because of where I was born.

At this point, winter was ending and spring was just around the corner. My motivation for finding an apartment was wearing thin. I thought, “If it’s this difficult, maybe I should just stay in this share house forever.” But I didn’t want to give up. Despite being a bit of an introvert, when I decide on something, I do it. That kind of thinking is what led me to live in Japan in the first place.