時間のない人の英会話勉強法時間のない人の英会話勉強法
Hi, everybody!

本日は以前にも一度やりましたが、同じような趣旨の質問を受けましたので、時間のない方の英会話勉強法についてお話しします。

まず目的を決めて勉強の範囲をしぼり込むことです。文法はある程度無視してよいと思います。とりあえず話せればよいわけですから、現在完了とか三人称単数だとかを気にする必要はありません。現にアメリカ人でも教養のない人は三人称単数でも does やdoesn't を使わずに He don't like you. とか言います。え、なんですって! 「俺は教養がないと思われるのはいやだ」ですって。大丈夫ですよ。こちらは日本人ですから、英語が正確にわからないんだなぁと思ってくれますよ。だいいち私たちが話している内容は教養があるわけですから(?)。
ソニーの会長で現在のソニーを造られた盛田さんは初めてアメリカにセールスに行った時はカタコトのひどい英語だったそうですが、商品が素晴らしかったために営業は成功し続け、日本より以前にアメリカでソニーのブランドは有名になりました。

ヒアリングは初級の教材に徹底したほうがよいと思います。それと教材はビデオより耳だけで聞くメディアのほうが効果があります。英米人はこちらが英語がうまくないとわかると、話すスピードもゆるめてくれますし、難しい語彙は使いません。スピードが速かったら、少しゆっくり話していただけませんか(Will you speak slowly?)と言えばすぐに"Oh, I'm sorry."と言ってとたんにスピードをゆるめてくれます。以前と違って英米人も日本人と英語で話すときは日本語が話せなくて申し訳ないという気持ちがありますから、たどたどしい英語でも一生懸命理解しようとしてくれますし、自分たちの話す英語もわかるように平易な表現でゆっくりと話してくれます。それで意志の疎通ができればよいと思います。こちらの英語がうまくても日本人だからあまり英語はうまくないと、彼らは必ず思っています。
筆者はアメリカで仕事上のパートナーがいました。彼はある大学でも大学院でも聴講する生徒がウエイティングをしている名物教授で相当なインテリだったのですが、その彼に筆者は謙虚に(?)「私は英語がわかりません」(I don't know English.)と言ったことがあります。実はこの時、筆者は相手が「いやいや、あなたの英語は素晴らしいですよ」というような反応をしてくれるのを期待していたのですが、残念ながら相手は全然否定してこなかったのです。「相手から英語がうまいとほめられている時は、実は少しもうまくない。ほめられなくなったときが、うまくなっている時だ」とよく言われますが、その言葉を言い聞かせて納得していたものです。

ここでひとつ面白い話をします。夏目漱石は東大の英文学部を首席で卒業しました。数年後に国の資金を提供されイギリスに留学します。イギリスに滞在中にトイレに行きたくなり、イギリス人に場所を聞きます。ところがその答えが聞き取れません。何べんも同じことを聞いても聞き取れなかったそうです。トイレにどうやって行ったかはわかりませんが、このことは夏目漱石にとって大変なショックとなり、自信喪失の状態がしばらく続いたそうです。

漱石の処女作「吾輩は猫である」の冒頭に「吾輩は猫である。名前はまだない」とありますが、「名前すらない」猫とは、一人前でない英文学者の自分に対する皮肉だと言う解釈もあるくらいです。

筆者の知人で外資系航空会社に勤めている人から聞いた話ですが、空港で英語がさっぱり分からない人がいるからと行ってみると有名大学の英文学の教授だったというウソみたいな本当の話があります。英会話は本を読むのと異なります。初めは通じないと思っていたほうが良いと思います。

リーディングは自分の専門分野にしぼるべきです。コンピュータとか建築とかの業界紙とか専門書を英語で読んでみると、自分の専門分野のところは多少はわかるはずです。辞書をひいてもわからないところはそのままにしてもよいと思います。えっ! 「私は広告マンだから専門分野はない。どうすればよいか」ですって! そうですねぇ。まぁ、広く浅く一通りやって後はごまかすしかないでしょうね。
ライティングはやる必要はないでしょう。

筆者の昔の先輩で一カ国語を話すようになるのに二、三ヶ月でOKと豪語している人がいました。聞いてみたらやはり文法無視で、片っ端から文例を暗記するというやり方をとっていました。そのかわりその二、三ヶ月は仕事はいっさいやらずに朝起きてから、夜寝るまで勉強するそうです。

また、10ヵ国語を話すという人の話を聞いたことがありますが、その人も一ヶ国語を数ヵ月で仕込むという目標でやっているようです。

すみません、最後はまた語学バカの話になってしまいましたが、筆者が強調したいのは、時間の無い人でも、時間のある時は半日、一日と集中して、短期間目的をしぼり込んでやると必ず効果がでるということです。

英語かけこみ寺へ