ドイツはソーセージの本場、日本より美味しい

いつも乗り継ぎ(transit)で素通りはするが、降りたことのないフランクフルトに初めて行ってみました。ヨーロッパのホテルを選ぶ時はヒルトンとかシェラトンのようなBig nameでなく、昔からあるホテルのほうがヨーロッパ文化の香りがすると言われています。そこでドバイに行ったときに食事をして記憶していたLe Meridianというフランス系ホテルに宿泊しました。

案の定、それほど大きくなく、建築様式もヨーロッパ風で壁に飾ってある絵画も伝統的なものでヨーロッパに来た感じがします。
チェック・インの時、応対スタッフが黒人で流暢な英語を話すので、驚いた私は”Which part of the world are you from?”(あなたの出身は一体どちらなんですか)と質問してみました。そうしたらコンゴとドイツのハーフだと言うのです。その答えでは英語のうまさの理由がわかりません。
そこで今度は、ずばり”Where did you learn English?”(英語はどこで習ったんですか)と聞いたところニュージーランドに留学したとの答えで、それで納得しました。でも留学先がアメリカでなくニュージーランドというのもヨーロッパ的ですね。つまりアメリカよりイギリスとかニュージーランドを選ぶということです。

さてチェック・インが済んで食事です。12時間のフライトの疲れもものともせずと言いたいところですが、実はあまり遠くは行きたくないので、ホテルのレストランで済まそうと思い、ロビーにいたconcierge(案内係)に聞いてみました。そうしたらホテルの外にあると言うのです。(It’s outside the hotel.)だと言います、ところが見当たりません、「レストランらしきものはないですよ」(I can’t find any restaurant.)と言いに行ったら指さしてくれました。えっ、あそこ、何か森みたいなところに小さな小屋があってそこに椅子が並べられているところなんですか。確かに近くまで行ったら客がテーブルに座って食事をしていました。

さてビールはドイツのものが飲みたいと思った私はメニューを見ながら”Which is the most typical German beer?”(どれが最もドイツらしいビールですか) と聞いて推薦されたビールを頼み、食事はソーセージの盛り合わせを注文しました。
ビールは日本のビールとは違いますが、美味しいですね。ソーセージは日本より遥かに美味しいです。やはり本場です。
夕方になって少し暗くなったので電気のないこの「森のレストラン」にウエイターがローソクの火を点けようとするのですが、風の勢いで直ぐに消えてしまいます、でもニヤッと笑いながら根気よく続けたらやっと点きました。

この剽軽なウエイターさんからビールのお代わりはどうかと薦められたので頼みましたが、しばらく待っても来ません、おかしいなぁと思ってそのウエイターを探したら何と同僚とおしゃべりをしているんですよ。

私がそばまで行ったらさすがに直ぐに気づいて持ってきてくれましたが、憎めないんですね。これもドイツの文化なんでしょうかね。話は少し飛びますが、アメリカだともっと派手です。レストランで何か頼むと”OK. I’ll be right back.“(すぐに対応します)と力強く答えてくれますが、絶対に直ぐに対応してくれません。私がアメリカの「直ぐ」(right away)は「直ぐ」ではないという理由です。

さて話は戻って面白かったのは会計の時でした。カード払いで暗証番号を入力する時、日本では店側の人は何気なく見ないようにしますが、このウエイターさん、「私は見ていませんよ」とハッキリ意思表示をするかのように私が入力する時一歩きちんと下がり顔を横にむけ、柱にピッタリくっつけていたんですよ。ジョークでやっているのかと思ったくらいでした。

<英会話応用例>
近くにレストランがあるか聞く、疲れているので歩きたくない。(Is there a restaurant near by this hotel? As we are tired very much, we don't want to walk.)
このホテルの隣にレストランがあります。1分で着きますよ。(There is a restaurant next to this hotel. It's just a minute walk.)
そこではビールは飲めますか。(Can we drink beer at the restaurant?)
飲めますよ。(Yes, you can.)
どんな料理が食べられるのですか。(What kinds of foods can we eat?)
いろいろな肉や野菜などメニューは沢山ありますよ。You can eat different kinds of meats and vegetables.)


プロローグへ