Early check-in の交渉

Early check-in の交渉

ビールを1杯飲み、少しつまんで仕上げは朝粥。気分よくホテルに帰りましたが、まだ11時ですから、チェックインまで2時間もあります。

眠くなってロビーで居眠りしていたらI'm sorry you can't sleep here.(すみませんが、ここでは寝ることはできません)と起こされてしまったのですよ。

そんなこと言ったって、それじゃぁ、どこで居眠りしたらいいんだと思った私はフロントと交渉することにしました。

交渉したら待たされました。アメリカでは日本のように物事が早くすすみません。ですからアメリカでは待つことが大切です。日本人のせっかちさは通用しません。

待った甲斐があって掃除の終わっている部屋を用意してくれました。アメリカのいいところは交渉すると融通を利かせてくれることですね。

(応用例)
don’t mind
don’t care
気にならない

check
調べる

A: You told us that you couldn't accept our check-in before 1 o'clock.
あなたがたは一時までチェックインはできないと言いましたね
But we don't mind if the rooms have not been cleaned up.
しかし部屋がきれいでなくてもいいんですが
There is no place for us to take a rest.
私たちが休むところはどこにもないんですよ

B: OK, wait a second. I'll check.
わかりました、調べてみますから少々お待ちください。

Well, two rooms are available.
2部屋はご用意できます。
A: Great.
それはありがたいですね。

上例のcareは「かまう」という意味ですが、Would you care for coffee? (コーヒーをお飲みになりますか)はWould you like to drink a coffee?と同じ意味で、この場合のcareは「好む」という意味で使われています。

次ページ | プロローグに