飛行機を間違えて乗ってしまった

英語ができるようになると、海外に行く機会は多くなります。当然ですが、失敗もいろいろ経験します。

筆者の最大の失敗はアメリカで飛行機を間違えて乗ったことです。ニューワークからフィラデルフィアは普通は電車で行くのですが、その時は飛行機で行きました。雨が降っていまして、搭乗のアナウンスがされてゲートからでたら飛行機が2機止まっていたんです。女性係員に搭乗券を渡して席に落ち着いて離陸して30分、普通は着陸のアナウンスが入る時間なのですが、全然入らなくてその後20分したら着陸、ところがそれはフィラデルフィアではなくてロチェスターだったんです。ビックリしましたねぇ。フィラデルフィアの空港では待っている人との打ち合わせもあったのですが、その日は夕方にシアトルで次の約束があるという強行軍だったものですから、あわてて空港の公衆電話からフィラデルフィアの取引先に連絡をとり、さらにシアトルにも連絡して到着時間の変更を伝えました。当然私の荷物はフィラデルフィアに着いていますから、その荷物はシアトルに届けてもらわないと困るわけです。苦情を言いながら航空会社の係員にそれを頼んだりと、てんやわんやでした。

ロチェスターからシアトルまでのフライトを−シカゴ経由だったですが−予約して、航空会社からだしてもらった無料ドリンク券でバーでやけ酒(?)を飲み始めたのですが、そのバーで座ったとたんに隣のアメリカ人に "Hi!" と言われて「どうしたんだ」と聞かれたものですから、その経緯を説明してそのために、"I missed the entire meetings in Seattle." (私はシアトルのすべてのミーティングをキャンセルせざるをえなかったんです)と話をしました。そうしたら彼の友人はなんと飛行機を乗り間違えてオーストラリアまで行ったと言うんですね。ただでオーストラリアまで行けたんだなどと言っていましたが、当人はそれどころではなかったと思います。この後アメリカで飛行機に乗るときは必ず搭乗券を渡すときと、機内に入るとき行き先を確認するようになりました。

日本以外では特に予約の確認 (reconfirmation) をすべきです。筆者はなんべんも航空券があるのに席がないという経験をしています。ある飛行場では reconfirmation をしたのに席がないということもありました。

日本でもある時は搭乗の1週間前に航空券を購入したので reconfirmation は、しないで成田に行ったら席がないと言うんですね。大騒ぎになって ファーストクラスが空いていたので、ビジネスクラスをアップグレードしてもらって、一件落着となりました。おかげさまでシャンペンから始まる豪華な食事を楽しませてもらいました。

積み込んだ荷物やスーツケース(luggage)が、どこかとんでもないところまで持っていかれたことはなんべんもあります。ですから最近はすぐ必要なものは必ず機内に持ち込むようにしています。このような事故が起きたとき、luggage に名札を英語でつけておくと比較的早くそれが戻ってきます。

<英会話応用例>
Actually, I made a mistake and took the wrong flight. (私はミスをして間違った飛行機に乗ってしまったんです)
I'm sorry but I have to cancel today's meeting. (申し訳ありませんが、本日の会議はキャンセルするしかありません>
Due to the flight cancellation, I cannot come to your office tomorrow on time. (このフライトの欠航で明日時間までに貴社に伺うことができません)
Due to the flight delay, I cannot come to your office this afternoon. (この飛行機の遅延で本日の午後貴社に伺うことが出来ません)
Could you postpone this meeting until tomorrow? (この会議を明日まで延期していただけますか)
Can you take my luggage and check that it will be transferred to Seattle? Can you let me know after you double check? (全てがうまくいったか、そしてそれを確認して私に知らせてくれますか)

海外のナイトクラブは暴力バーが多いへ
プロローグへ