たかがホテルの予約と言うなかれ

東京
ニューヨークのブロードウェイにあるホテルを予約しようとするのだが予約係の電話が直接ダイアルしても交換台を通しても「少し待ってくれ」というメッセージが機械で流れてくるだけでつながりません。3日間何十回もトライしたから電話代はかなりな額になっているだろう。さすがにウンザリして、予約係でなくフロントデスクにつないでもらって苦情を言ったら何と予約システムがダウンしているとのことです。日本の一流ホテルでは考えられない。旅行代理店を経由しても予約がとれない。

今度はフロントデスクにつないでもらって強く抗議をしたら電話に出た者が予約をとるということです。縄張り意識の発達しているアメリカでは珍しい。ホットしたのだが、後日談があってこれが次のトラブルになります。

バンクーバー
日本を離れて二日目。朝食をファミリーレストランでとりました。途中でウェイトレスが "Are you happy?" と聞いてきました。北米ではウェイターやウェイトレスが客に気をつかって "Are you happy?" とか"Everything is fine?"(ご満足いただいていますか)などと聞いてきますよね。

サービスにこだわるということでは日本は世界でトップだと筆者は思っている。それに比較したら満足することはほとんどないが、多少サービスに不満でも美味しくなくても取りあえず "Yes, I am fine."とか "Yes, we are fine."とか言わないと話が続かない。今回は、新しいコーヒーをリクエストしたがなかなか持ってきてくれません。アメリカもそうだがカナダはアメリカよりもっとゆっくりしています。日本的なサービスは期待できません。Are you happy? と聞かないで欲しいですよね。

モントリオール
ホテルに着いたら予約がないという。予約番号を伝えてそんなはずはないと言ったら「何とかする」とのことです。結局、普通の部屋がなくてデラックスな部屋をとってくれました。私の部屋はスゥィート・ルームだ。料金は勿論同じです。

心配になって先日、トラブったニューヨークのホテルに電話して予約の確認をしたらなんと予約がキャンセルされているという。もう一度予約のしなおしです。アメリカの一流ホテルでも予約が信用出来ないということになります。

取引先とその関係先との商談が終わって食事に行くかと提案されたので総勢10名で行きました。会計になったら伝票が別々にきたので、どうするのかと様子を見ていたら我々日本人の分だけは取引先の役員がご馳走すると言う。同席していた政府関係の人たちの分も自分の会社の社員の分も払わない。我々以外はすべてワリカン。ご馳走になったので丁寧にお礼を言いましたが、日本だったら絶対に有り得ませんよね。

ニューヨークまでの機中

飛行機に乗るときこの飛行機はニューヨークに行くか(Is this going for New York?)と聞いたら、ええ、間違いなく行きますよ(Yes, it surely is.)と怪訝な顔をされたので、実は以前飛行機を乗り間違えてオーストラリアまで連れて行かれたことがあるんだと言ったら、後でそのスチュワーデスが「さっきの話ですけど、どうしてそうなったんですか」と仕事中にわざわざ聞きにきました。

私が仲間の席順を指示していたら、そばにいたかっこいい黒人女性乗務員が、笑ったので、何で笑うの、と聞いたら You are sexy.(あなたはセクシーよ)ときたので、Thank you.と言っておいたが、日本の乗務員では初めて会った乗客とこんな会話をすることは考えられません。英米人は仕事をしながら結構マイペースで楽しみながら仕事をします。
日本航空と英米の航空会社で乗務員(flight attendants)が仕事をするときの雰囲気はまったく違います。日本航空をやめて欧米系の航空会社(carrier)に入った人たちは日本航空に比べて楽になったとよく言います。最も楽になった原因は雰囲気の変化というよりも、欧米系の航空会社は日本人の乗客が少ないため、乗客からのサービスのリクエストが少ないということだそうだ。つまり日本人が一番サービスを求めるということの表われです。

<英会話応用例>
I've been trying to contact reservation operator, but it has been repeating the same message, "sorry we are busy, could you call us again?" (予約係に連絡していますが、電話が話中なので後ほどお電話くださいと同じ伝言が続くだけです)
We are sorry but our computer system is down. (申し訳ございませんが、コンピュータシステムがダウンしています)
Ok, how can I make a reservation? (どうしたら予約が出来ますか)
I am happy to do it for you. (私が予約を承ります)
Could you give me your reservation number? (予約番号を頂けますか)

サンフランシスコに戻るとホッとする
プロローグに