【 第4章-11 】
  電話を切るのに「グッド・アフタヌーン」?

 ていねいな表現では、Good afternoon. Good evening.があります。
 えっ、何ですって?
 電話を切るときに「こんにちは」とか「こんばんは」は変ですって。
 いや、実はこのGood afternoon. Good evening.は「さようなら」という意味なんです。
 もともと人に会ったとき「今日もよい日でありますように」と相手をねぎらうための表現が、いつのまにか常識となり「こんにちは」になったのです。
 ですから別れるときも「今日もよい日でありますように」というニュアンスでGood afternoon.というわけです。
 ふだんはBye-bye.と言って電話を切っていた人が、突然このバカていねいな表現を使ったときは要注意です。
 英米人はジョークも好きですが、皮肉も好きです。
 皮肉を言うときにはていねいな表現が使われます。
 Thank you. で十分なのにThank you very much. とていねいになったときは、感謝の意味ではなく皮肉で言っている場合がよくあります。
 私も過去に、あるイギリス人女性と仕事のことでもめたことがあります。
 自分の言い分が通らないとわかると、この女性は、

Thank you very much. Good afternoon.
(ごていねいにありがとうごさいましたね。今日もよき日でありますように、フン!)

と言ったとたんにガチャンと電話を切ったのです。
 いやはや、英米人の女性って強いですよね。

前ページ | 次ページ | はじめに